SHINE講座〜basic〜

不登校は潜在意識からのメッセージ

 
私は、目の前の子どもが、寝転びながらゲームをやったり、テレビを見ている姿を見て
「もう、こんなにバタバタ忙しくしているのに、少しは手伝ってくれてもいいじゃない」
とよくイライラしていました。
 
また、人の輪の中に入れない我が子をみて、心がチクチク痛くなったりしていました。
 
なぜイライラするのか?
 
子どもは、私の鏡。
目の前でのんびりゲームをしているのは、私なんです。
ほんとは、私だってのんびりしたい。
好きなことやりたいと思っているんです。
 
人の中に入れなくて、おどおどしているのも私自身。
人の中に入るのが苦手で、積極的に入ることができない私。
だから、心がチクチク痛む。
 
 
子どもは、お母さんの鏡なのです。
潜在意識が子どもを通して、たくさんのメッセージを送ってくれているのです。
 

お母さん、自分のこと大事にしていますか?

 
子育てをしているといつの間にか
何もかも子ども中心に回ってしまっています。
 
洋服一つとっても、自分のものより
子どもの服を買っていいたり
 
家事が一段落ついたと思ったら
子どもを公園に連れていかなくっちゃと
バタバタと準備
 
コーヒーの1杯くらいゆっくり飲みたい
 
自分のやりたいことは、後回し
後回ししていくうちに、自分が何をやりたいと思っていたのか
わからなくなってる
 
長男が不登校になった時
私は、自分に価値なんてない。面白いくない人。
もっとがんばらないと認めてもらえない。
そんな風に思っていました
 
その頃の長男からの言葉
 
「どうせ、俺のことなんて嫌いなんでしょ」
(あんなにハグしているのに、こんなに愛しているのに)
 
長男の言葉に付け加えるとしたら
「学校も行かずに、ゲームに逃げてる俺なんか嫌いでしょ」
こんな俺なんか、何の価値もない
頑張れない自分も許せない
 
当時の私は、学校に行けない長男のことで悩むことで
自分の課題から逃げていたのです。
 
 
そのことに気が付かせてくれたのが
原田綾子さんオリジナルの講座「SHINE講座」だったのです。
 
 
自分と向き合い、自分がどれだけがんばってきたのかを自分で認め
「今、自分が1番やりたいことはなんだろう?」
と自分の心の声を聴くように意識し、やりたいことをやるようになった時
 
いつもの景色が輝いて見えたことを覚えています。
 
私の心の持ち方が変わった時、長男も自分の未来のことを考えるように
なっていきました
 

思った通りの子育てと人生を手に入れる

 
また、子どもは親の思った通りに育ちます。
 
「この子は、病弱でよく熱を出すのよ」
と思うと子どもは、病気ばかりするでしょう。
 
「この子は、引っ込み思案でなかなか友達ができない」
と思うと子どもは、自分から友達を作ることは苦手でしょう。
 
逆にいうと
「この子は、素晴らしい力を持っている」
「この子は、器用だ」
「この子は、優しくて面倒見がいい」
と思うとその通りに子どもは育ちます
 
だとしたら、我が子に対して良いイメージを持っていたいですよね。
 
 
そして、お母さん自身も
「私は、ついてない」
と思ったら、ついてないことが起きたりしていませんか?
 
幸せになろうとすると、不幸なことが起きると思っている人は
いいことがあったと思ったら、事故にあってしまうとか
 
自分自身のことも、私ってダメな奴だと思ったら
ほんとうにダメになっていきます
 
だったら、私はついてると思った方がいいし
どんどん幸せになると思ったほうがいいですよね。
 
 
潜在意識の特徴を知ることで
思った通りの子育てと人生にすることができます。
 
SHINE講座では、心の仕組みを学び
潜在意識を味方につけることで、思った通りの人生を作っていけるのです
 
 

SHINE講座の3つのポイント

 
1.自分のことが客観的に見られるようになる
2.自分が変わると、子どもも夫も変わってくる
3.   自分の思い込がわかる
 
私自身も、子どもの様子や言葉から自分の心の状態を知ることができるようになり
今、自分が何を1番にやったらいいのかがわかるようになりました。
 
例えば、次男が
自信がないと言って、家でデッサンの練習をせずスマホばかり見ていた時
私は、家で材質別にたくさんデッサンすればいいのにと言いたくなったんです。
 
でも、それを自分に置き換えると
一つ一つやることやってるか?ということになります。
 
そして、私が長男のことから離れ自分のやりたいことをはじめると
長男が大学受験に本腰を入れ始め、長女も自分から勉強をはじめるようになっていきました
 
以前の私は、ゲームは悪いものと思い込んでいました。
でも、長男はゲームをきっかけにやりたいことをみつけたり、コミュニケーションをとったりしていたんです。
 
ゲームが好きな長男を受け入れられるようになったことで、ゲームに対する考えが変わり
長男との関係もとてもよくなっていきました。
 
お母さん自身が、自分のブラックな部分も含め好きになり大事にできるようになると
子どもは伸び伸びと育っていきます。
 
SHINE講座で、自分の心の声を聴き、思った通りの人生を創っていくことが出来ます。
まずは、子どもを通してあなたの潜在意識がどんなメッセージを送ってくれているのか
ご一緒に学んでいきませんか?
 
【講座内容】
 第1回 ・子育ての振り返り
     ・子どもの潜在能力を引き出しコツ       
     ・子どもは、親の思った通りに育つ      
     ・セルフイメージ 
     ・望んでいないことも実現化してしまうとき
     ・立派な親になろうとしなくていい
     ・不完全さを受け入れよう
     ・必死に頑張らないほうがよい理由      
     ・結果ではなく過程を見る       
     ・リラックスして1mmの変化にも目を向けよう
     
 第2回 ・心の仕組み 顕在意識と潜在意識
     ・投影とは?
     ・自分の心を感じる
     ・自分の心のチェックの仕方
     ・自分が抑圧している感情を知る方法     
     ・自分が禁止している部分を知り、受け入れる
     ・自分の認めたくない部分は大切な宝
     ・自分の魅力も他人に投影される
     ・周りの声は自分の心の声
 
 第3回 ・心の中の「大人の心」と「子どもの心}
     ・記憶は作られる
     ・親は子どもの性格を決定づけない
     ・ライフスタイルとは
 
 第4回 ・復習&振り返り
 
 
    2週間に1回のペースでゆっくりと学んでいきます。
 
    受講費 40000円
 

こんな方にお勧めです

 
子どもの行動が気になって仕方がない人
もっと自分に自信を持ち、豊かになりたい人
自分の可能性を見つけ伸ばしたい人
子どもの能力を伸ばしたい人
潜在意識について学び、思った通りの人生にしたい人
 
 
 

受講者様のご感想

Mさん
4人の子どものお母さんとして、今までいろいろな子育て本や
教育系の本を読んで参考にしてきました。
それまでいろいろな問題に直面しましたが、何とか乗り越えてきました。
でも、子どもの問題や心配はずっとなくなるわけではありません。
そんな時に、岡田さんのブログで「子どもの困った行動には、あなたの潜在意識が関係しているんです」という言葉がすごくひっかり、この講座を受けました

実際に講座を受けてみたら、子どもへの対処法やテクニックを教えるということではなく、自分の感情と向き合う、自分の感情をありのままに感じOKを出すことで
子どもたちにも変化が生まれるというものでした。この講座は、私の子育て(論)の発想を転換させてくれました。子どもたちは、悪くない。子どもたちには無限の可能性がある素晴らしい存在なんだと気づかせてくれました。
自分にOKを出すことの大切さ、自分の「子どもの心」と向き合うことの大切さを教えてくれました。
もっと学びたいという気持ちを持たせてくれました。
この講座を受講して本当によかったです。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Iさん
先日は大変お世話になり、ありがとうございました。
講座が終わってあっという間に1週間経ってしまい
感想が遅くなり申し訳ございません。
自分を大切にする事
当たり前のようで、出来てなかった事に気づく事が出来ました。
自分の気持ちをしっかり感じる事、今までスルーしてましたが、実はここがすごく大切な事と、納得できました。
ありがとうございました。
受講するまでは、本を読んで、実践してみても
なんとなく…こんな感じかな?
ぐらいの理解でしたが、
説明していただき、私の場合は…
と、話を聞いてもらうと、
すごく分かりやすく、納得できました。
頑張り過ぎず、結果だけでなく、過程を楽しみながら、実践していきたいと思います。
 
 
この1週間も、子供達の雰囲気もよく、週末家族4人での外食が久しぶりにすごーく楽しめました!
(これはかなり久しぶりの事なんです!!)
更に驚きは、兄弟で静かに遊ぶ時間も出来ました!
色んな事が良い方向に行くようで、すごく嬉しいです!これがワクワクする!って事なんですね~
 
一週間経って、昨日は次男のグズグズした態度に、私も反応してしまったりして、
戻ってしまった?と冷静に講座のテキストを読み返してみました。
すると、夕方の次男の態度もそんなに気にならなくなっている自分が居て、自分でもびっくりです。
忘れそうになったら、またテキストで振り返りながら、小さな1歩を積み重ねていきたいと思います。
ありがとうございました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・