親の言葉が子どものセルフイメージを作る

親の言葉が子どものセルフイメージを作る

こんばんは、夢を言語化するサクセスマッピングクリエイター
岡田孝子です。
 
 
私は、小さい時
親からよく言われていた言葉がありす。
 
 
それは、
 
 
「あなたは、引っ込み思案だから」とか
「あなたは、内弁慶だから」
 
という言葉です。
 
 
この「引っ込み思案」「内弁慶」という言葉は
私の中にずーっと残っていました
 
 
だから、人前に出るのが苦手だったし
自分から声をかけるなんて
とんでもないと思っていました。
 
 
私のセルフイメージは、超人見知り
消極的、おとなしい
となっていったのです。
 
 
どれだけ、親の言葉が子どもに影響を与えるか
 
親が
「あなたは、大物になるね」
「あなたは、賢い子だね」
「あなたは、しっかりしてるよね」
「あなたは、なんでもできる子だよ」
 
 
という言葉をかけられた子どもは、
自分は、しっかりしてるんだ
なんでもできるんだ
というセルフイメージをもつでしょう。
 
 
世界で1番大好きなお母さん
自分が1番信頼している人から
言われた言葉は、それだけすごい影響力があるのです
 
 
やるきのある自己肯定感の高い子どもになって欲しいとおもっているかたは
ぜひ、プラスの言葉をいっぱいかけてあげてくださいね。
 
 
でも、安心してください。
大人になってからも修正できるので
 
「サクセスマッピング」では、自分と向き合う時間があります。
自分の心の声をしっかり聴いて
 
自分の人生の歩き方を「サクセスマッピング」探してみませんか?