男性は、目的脳。女性は、共感脳。

こんにちは、岡田孝子です。
 
よく男性は、空間認知力が強いから
地図をそのまま見ることができる
 
女性は、空間認知力が弱いから
方向音痴が多いと聞きます
 
男性は目的脳で、女性は共感脳だそうです
だから、奥さんがご主人に話しをした時
 
奥さんは、ただ話しを聞いて共感してくれるだけでいいのに
ご主人は、いろいろアドバイスしてくれたりする
 
でも、それが奥さんにとっては余計なお世話だったりして
逆にケンカになってしまうこともありませんか?
 
これを長男に話したら、「めんどくせー」と言っておりました
 
 
また、視点も違っていて
例えば、母親が携帯で話しをしているとすると
女の子は、母親の表情に注目し
男の子は、携帯に注目する
のだそうです
 
面白いでしょう?
 
webサイトをみるにしても
男性は、目的脳だから自分に役に立つもの、目的を達成するものを選ぶそうです
それに対して
女性は、プロセスを楽しんだり、コミュニケーションを求めるのだそう。
 
だから、男性は大きなキャッチコピーや画像があると惹かれる
女性は、色がきれいだったり、たくさんの情報が細かくかいてあると喜ぶ
 
・・・・・・・・ん〜〜、私はめんどくさがりだからそんな細かいところまでは
チェックしないかな。
 
どちらかと言うと、長男の方が細かいところまでチェックして比較するほうかも
 
 
あと、女性は発想脳で直感的。
だからよく、女性の勘はするどい。よく当たる。
 
これだけ脳の作りが違うのだから、ぶつかるのもしょうがない
 
アドラー心理学で、人はそれぞれ違うメガネでみているといいます
人は、それぞれ違う価値観を持っているということ
 
みんな違っているということを意識して、受け止めていくことが
うまくやっていくコツなのでしょうね
 
子育てにしても、男の子と女の子では脳の作りが違うということを
頭の片隅におきつつ、子育てしていくと
少し、気持ちが楽になるかもしれませんね(*^^*)