根拠のない信頼

こんにちは、岡田孝子です。
 
 
長男が不登校だったとき、自分自身を納得させるために
考えたついたことがありました
 
 
それは
 
「この今の状況は、この子の長い人生の中の一部分でしかない
この状況は、これからの長い人生の中でいずれ必要になってくるから
起きているんだ」
 
ということです
そのうち、自分の中に入っていき、本気でそう思えるようになっていました
今でも、思っています
 
 
今は、まだ長男にとって黒歴史かもしれない
思い出すのも嫌なことかもしれない
 
 
でもね、過去は変えられるんだよ
いつか必ず、この経験があって、今の自分があると受け入れられたとき
不登校で悩んだあの期間が黒歴史ではなくなる日が訪れるから
 
 
意識できるところでは、ゲームやネットばかりしている姿を見て
不安になったり、怒ったり、心配したりしてた
 
 
特に始めの頃はね
時間が経って、いろいろ学んでいくうちに、長い人生の1部分だし
これが彼の選んだ人生だからと思えるようになっていった
 
 
(それでも、不安は波のように押し寄せてきましたよ)
 
 
なんだかんだ言って、私
この子は、ちゃんと1人で生きていけるって
潜在意識のところで思えるようになっていたみたい
 
 
まさに、根拠は無いけど信頼していたみたい
 
 
アドラーの名言の中の一つに
 
 
「信用」するのではなく、「信頼」するのだ。「信頼」とは裏付けも担保もなく相手を信じること。裏切られる可能性があっても相手を信じるのである。
 
 
まさに、何回も裏切られたことか
そのたびに、悲しかったし、怖かった
 
 
それでも、長い人生の一時だと思い、長男の未来は大丈夫だと
なんの根拠もなく信じることができた
 
 
また、根拠もなく長男を信じている自分自身をも信じることができるようになっていたように思う
 
(長男は、私がこうなったらいいなあと思い描いてた通り、仲間に囲まれ楽しい学生生活を送っています)
 
 
そこから、自分への信頼も生まれてきたんじゃないかなと思う
 
 
学校へ行くとか行かないとか、最終的には関係なくなって
将来、長男自身が満足し、充実した時間を過ごせたら
それが1番!
 
 
そうなると信じている
 
人生は、長いよ!
もちろん私もね
 
 
子どもの人生は、子どものものと思えるようになったのは
アドラー心理学のおかげです
 
そのアドラー心理学を学べる講座
ELM講座を開講します
 
ELM講座に興味のある方は、ぜひ!
 
 
☆☆募集の講座☆☆
 
🌻「満足度200%子どもの気質に合った気質別ベビーマッサージ」
 
🌻「子育て心理学ココロ貯金ベーシック講座」
 
🌻「SHINE講座〜basic~」