挨拶は、こちらから〜

こんにちは、岡田孝子です。
 
先日、朝のチェリー🐶の散歩の途中で
知らない小学生2人から、別々の場所で
 
「こんにちは」と挨拶してくれたんです
 
おはようじゃなかったけど
とても暖かい気持ちになりました
 
(すかさず、笑顔で「こんにちは」と返しましたよ)
 
 
また、ちょっと用事があって
子どもたちが卒業した中学校に行ったときのこと
 
体育の授業で校庭にいる生徒たちが
私が校門から校庭に入ると何人もの子たちが
 
「こんにちは」
 
と挨拶してくれたんです
 
きゃ〜〜💕うれしい〜
だって、だって長女がいた2年前は、ちょっと荒れていたので
挨拶してもらえなかったんです
 
だから、PTAの有志で朝、昇降口に行って
子どもたちに「おはようございます」と声をかける
あいさつ運動をしていたんです
 
どうもその後、生徒会の子どもたちが後を引き継いでくれて
あいさつ運動を続けてくれたようでした
 
挨拶は、心を開かせる魔法の言葉です
また、私はあなたを見てますよという承認にもなるんです
 
 
会社の中でも、上司が部下との距離を縮めるためには
自分から部下に挨拶をしたり、声をかけるようにしたところ
雰囲気がよくなったという話しを聞いたことがあります。
 
 
アドラー心理学の中に
相互尊敬・相互信頼
という言葉があります
 
相互がつくとどう違うかというと
 
自分から先に行動する
自分が、より多く行動する
 
という意味です
 
横の関係であるなら、どちらが先でもいい
でも、ちょっと先行く先人が先に挨拶する
 
より多く声をかける
 
そうすることで、信頼感が生まれてくるようになるのだと思うのです。
 
我が家では、私から挨拶することが多いです
 
親子であったり、上司と部下であったり、先生と生徒の関係だったら
目上の人からこそ、先に挨拶をする
 
それを気持ちよく感じた子ども、部下、生徒は、今度は自分から挨拶しようと
するでしょう
 
さあ、私もこれからはちょっと勇気を出して外に出てたら自分から挨拶してみようっと!
 
***************************************
 
挨拶もとても人の心に届きますが、毎日のちょっとした言葉がけも
一つ間違えるとケンカになったりしますよね?
 
しかも人によって受け取り方が違ったり。
 
そこで「言葉がけ勉強会」を企画しました。
どんな言葉がけがあるのか、みんなで話しあいませんか?
 
詳細はこちらです