全て、自分が決めている

全て、自分が決めている

夢を言語化するサクセスマッピングクリエイター
岡田孝子です。

倫理の勉強をしている長女からこんな言葉を
教えてもらいました。

「ヤマアラシのジレンマ」

どうも倫理を勉強している人は、みんな知っているようです。
どういう意味だと思いますか?

「相手を傷つけることを恐れて、親密な友人関係を結べない若者」のことだそうです

でも、これ
ほんとうは、相手ではなくて自分が傷つきたくないんじゃないかなと思います

しかも言い訳です。
逃げてる。

人とコミュニケーションを取っていくということは、少なからず
傷つくこともある。

でも、そこから学ぶことはあるし、そこで勇気を出して相手に声をかけたことに対しては、がんばったこと。

ひとつの自信にもなる

 

鈴木真奈美さんの
「幸せな人だけが知っている。シンプルな生き方」本の中にもこんなことが書いてありました

「世の中の壁ではなくあなたの心の壁なのです。」と

私も
「私には無理」「自分にダメ出しばかりしている」
「目立って人から批判されたくない」
「世の中に出て、影響力が出るのが怖い」

本に書いてある通りのことを無意識に思ってました。

これが、ビジネスにも影響していたんだなと本を読んでいて気付きました。

失敗した自分を認めたくなかったし、何かを失うことも怖かったんです。

でも、真奈美サンの本の中に書いてある
「大きなものを失うのは、大きな幸運が舞い込むサイン」
という言葉を見て、恐れずに前へ進もうと決めました

傷つきたくないから人に声をかけないと決めているのも
やりたいことは、あるけれど出来ない。とやらないことを
決めているのも全部自分なのです。

ここに気がつくだけでも、流れが変わってくると私は
思っています。

鈴木真奈美さんの本オススメです!