不登校は、「ずるい」と言われたときの対処方法

こんにちは、岡田孝子です。
 
不登校って、ずるいんですかね?
私は、学校へ行けなくて長男も私も苦しかったから
「ずるい」なんて、考えたこともありません
 
 
我が家の場合、次男も長女も長男のことを「ずるい」と言ったことがないんです。
私と長男がもめているところを見ていたのと
これ以上、私を困らせたくないと思っていたからかもしれません
 
 
逆にお兄ちゃんが不登校になったとき、弟や妹が
「お兄ちゃんは、ずるいよ。学校休んで、好きなことばかりやって」
と言われたお母さんも少ないんではないでしょうか?
 
 

こんな時、どうしますか?

 
 
まずは、何のためにそんなことを言ったんでしょう?
 
実は、「ずるい」の裏には、「羨ましい」という感情があるんですね〜
 
何が羨ましいんでしょう?
1日中、好きなことやっていることも、もちろん理由のひとつでしょう。
ゆっくりできていいなあとかもあるかな
 
あともう一つあるんですよ。
 
それは、「お母さんとずっと一緒にいれていいなあ」という気持ちです。
 
 
だから、弟や妹が学校から帰ってきたら
「今日も1日、がんばってきたね。楽しいことあった?」とか
「お疲れ様」
と言いながらハグしてあげる(低学年なら、まだいける!)
 

で、話しをよ〜〜く聴いて、あげてください。
忙しい時は、手を動かしながらでもいいんですよ。

きょうだいから「ずるい」と言われたときの対処方法 

 「ずるい」と言われたときは
「そうか。ずるいって思ってるんだね」と共感してあげる
それから、じっくり話しを聴いてあげて、
「あなたは、どうしたい?」
と質問してみる。
 
 
私は、学校へ行く行かないは子どもが決めることだと思っているので
「休む」と言われたら、休ませます。
 
 
でも、お兄ちゃんが不登校であっても気持ちが満たされていれば
下のお子さんは、学校へ行くと思います。

「ずるい」と思うなら休めばいい!それが出来ないのはなぜ?

 
不登校は、「ずるい」という人は、実は羨ましいんだと先ほど書きました。
 
だったらね、休めばいいんじゃん!!と私は、思う。
だけど、そう言うと
 
「元気なのに学校休んだら、親が怒るから」
と何かのせいにして休めない人がほとんどでは、ないでしょうか?
 
 
学校へ行かないと決めた人は、最初はめちゃめちゃ悩む
学校は、行かないといけないものだと考えているから
 
「行かない自分は、変なんだ。ダメなやつなんだ」と自分を責めている。
そうやって、自分とたくさん向き合う時間をたくさん持つ
(最初は、ゲームやネットに逃げてしまうことも多々あるけどね)
 
 
「ずるい」と思う人は、ほんとは自分だって学校なんて行かないで好きなことやりたいと思ってる。
でも、出来ないのは怖いからなんだと思う。
 
人から変な目で見られたらどうしよう
友達がいなくなったらどうしよう
勉強がついていけなくなったらどうしよう
社会に受け入れてもらえなかったらどうしよう
 
そう思うから、学校を休むことが出来ないんじゃない?
 
 
「学校は行かない」と決めた人は、そういうこともわかってそれを選択しているんですよ。
自分の人生を自分で決めているの!
 
 
だから、「ずるい」と思っている人たちが、あれこれ言う権利なんてないのよ。
そう思うなら、「休めばいいんじゃん!!」
自分の人生なんだから、自分で判断すればいい
 
 
そのかわり、そう判断したからにはちゃんと責任は持つ
つまり人のせいにはしないでねということです。
 
 
我が家では、家にいるなら家のことをやるのは当然でしょということで
洗濯物を干すこと、お風呂を洗うことが長男の仕事となりました。
 
 
おかげで私は、大助かりです。
やってもらう度、毎日
「ありがとう!助かるわ」と言っていました。
 
 
学校へ行かないと決めるとね、勉強も自分の力でやっていかないといけない。
責任を持ってやることの一つだよね。
 
 
学校へ行かないと決めた人は、リスクも含め覚悟を決めています。
だからずるくなんてないんだよ。
 
 
私がそう思うことができるようになったのは、アドラー心理学を知ってからです。
課題の分離という、その課題の責任を負うのは誰なのか?と言うことを学んでから
子どもの人生は子どものものであると割り切れるようになったからです。
 
 
アドラー心理学を学べる講座が、ELM講座です。
各講座のご案内など、LINE@を御覧ください。
 
ご登録はこちらから
 
img_3580
 
 

開催予定の講座
🌻ELM講座
 11月10日(木)、17日(木)、24日(木)、12月1日(木)
 10時半〜12時半
 場所未定
  定員 4名
 13000円
🌻SHINE講座~basic~
 12月5日(月)、19日(月)、1月10日(火)、23日(月)
  10時〜13時
 相模大野 ユニコムプラザさがみはら
 定員 4名(残3名)
 40000円
 
🌻ココロ貯金入門講座

11月15日、22日(全て火曜日)
 10時〜13時
 場所未定
 12960円
 
🌻ココロ貯金ベーシック講座
 11月21日、28日(全て月曜日)
 10時〜13時
 場所未定
 41040円
 
🌻魔法の質問カードセッション

90分
 3000円
 ご希望の日程をお知らせください
★場所、日程はご相談ください
 
🌻魔法の質問カード養成講座
 カードの使い手になりませんか?
     

12月6日、13日(両日火曜日)
 10時〜13時
 小田急線多摩センター(詳細は、お申込み後個別にお知らせいたします)
  29800円
 
 
 

2 件のコメント

  • 『学校へ行かない』と決めた人は、そういうこともわかっているとありますが、その場合はそれで良いと思います。
    しかし、学校に来ない訳ではなく別室登校の子はどうなるのでしょうか?
    教室に来ないと選択したわけではないけれど教室には来ない、面倒なものはやりたくない、教室が怖い、すると人は離れていきます。自分はその子が来れるように世話をするポジションのクラスメイトですが、意見がはっきりとしないのです。近くにいる人は繋ぎ止めておきたい。でも教室には行きたくない。そんな状態です。
    自分にも教室で過ごした友達との絆というものがあります。それよりも優先してほしいというのはズルい、我儘だと思います。(もともとの話からズレてしまっていたらすみません)

    • 返信が大変遅くなってしまい、申し訳ありません。
      「学校へは、行けるけれど教室には入れない」→「学校へは、行くけれど教室には入らない」
      入れないのではなく、入らないと決めているのは彼です。(本人は、認めないとは思いますが・・)
      clarisさんが、彼が教室に来やすいようにお世話をしている経緯はわかりませんが
      「行かない」と決めている人なので、いくらお世話をしても彼は教室に入っては来ないと思います。
      部屋に閉じこもっている子どもに母親が、食事を部屋の前まで食事を持っていってあげることで部屋から出る機会を奪ってしまっているのと
      同じように思います。
      clarisさんは、自分の気持ちを優先して(自分の気持ちを大切にして)ください。
      先生やクラスメートとの関係もあるかとは思いますが、自分の気持ちはお話しされるといいかと思います。
      コミュニケーションの行き違いは、言葉足らずから起きることが多いですので
      自分の気持は、しっかりとお話しし話し合いをすることをおすすめします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です