不登校になったとき、甘えさせるべき?

 
 
こんにちは、夢を言語化するサクセスマッピングクリエイター
岡田孝子です。
 
子どもが学校へ行けなくなった時(行かなくなった時)
ぜひ甘えさせて上げてくださいと言います
 
 
親としては、学校へ行って欲しいから
なぜ?どうして?
無理矢理にでも行かせたい。行かせてた。
 
 
甘えさせてあげてください。というのは
小さい時に思いっきり甘えさせてあがられなかったから
もしくは、甘える事が出来なかったから
 
 
親は
「え?あんなにいっぱい抱きしめてあげていたじゃない」
という方もいらっしゃいます
 
でもね、子どもからすると子どもがして欲しいときに
して欲しい甘えさせ方をしてもらえていない
 
親本位のやり方でやっていたから
子どもにしてみると甘えさてもらった感覚が残っていないんですね。
 
 
子どもが甘えに来た時に思いっきり甘えさせてあげる
 
親が先回りして失敗しないようにやってあげることは
「甘やかし」です。
 
ちょっと子どもが小さかった時のことを思い出し
「こんなことしてあげたら、喜ぶに違いない」と思い込み
子どもが欲してもいないのにやってあげてたことないですか?
 
 
子どもが不登校になった時
甘えさせてあげるのは、ほんとに小さい時に
甘えさせてあげられなかったと思われるときです
 
 
甘えさせてあげる=なんでも言うことを聞いてあげるのではなく
ただただ子どもの話に耳を傾け聴く
 
それだけでも子どもの心は安定してきます。
 
「甘えさせる」と「甘やかす」の違いますからね〜
 
 
不登校は、お母さんの心から起こることもあります。
自分と向き合う時間を持ちませんか?
 
サクセスマッピング講座勉強会では
そんな時間を持つことができますよ!