不登校でゲーム三昧の子が、自分から勉強したくなるママの声かけ方

ゲームは悪いもの?だから子供がゲームをやめない1つのワケ

子どもが暇さえあれば、勉強そっちのけでゲームばかりやっている。
そんな姿をみていたら、怒鳴りたくもなります。

「いつまで、ゲームやっているの!宿題とかやるべきことを先にやりなさい!」

ついつい言ってしまいますよね。

そして、ゲームをやる時間を決めます。・・・・・・・親がね・・・
「ゲームは、1日1時間だけね」「・・・30分だけね」

私もそうでした。ゲームなんて大嫌いだったから、子どもの話しなど一切聞かず
私が勝手に時間を決めて言うことをきかそうとしていたんです。

ある時、アドラー心理学で学んだ「相手の興味に興味を持つ」ということを意識して
長男が夢中になっているゲームに注目して、長男に質問をしてみたのです

「ねえ、このゲームの面白いところはどんなところなの?」と
話しを聞いているうちに気がついたんです。

「ゲームって、ものによって時間で区切ってやめることって難しいんだ」と

せっかく、ラスボスと戦っていてもうすぐで倒せるというところなのに
「はい!1時間経ったから、終わりね」
なんてことは、出来ないんですよ

やっとの思いで、ラスボスまでたどり着いたのにここでやめるなんて出来っこないんですよつまり、時間を決めたところでやめられる訳がないんです

もう一つ言うと、ゲームの時間を子どもの考えも聞かず決めてしまうから守れないんです

長男の興味であるゲームに興味を持って、わかったことがもっとあります
それは、ゲームが悪いものでないということ

歴史が強くなったり、英語が強くなったり、パソコンに強くなったりしているんですよ

また、ママが自分の大好きなことに興味を持ってくれていると感じ、そこから
心を開きはじめるきっかけともなるのです

まずは、子どもが興味を持っていることに興味を持って、質問してみたり
一緒にやってみるのもいいですよ

子どもは、ママや家族と一緒に楽しみたいと思っているからです

それから、子どもと話し合い、どのタイミングでやめるのか?
時間を決めるのか?を決めます。

大事なのは、子どもが自分で決めるということです

ゲームから勉強に集中力を活かす声をかけるタイミング

学校へ行かず、朝ごはんを食べたあとすぐゲームを始める。
下手すると3時間も4時間もやってる。

すごい、集中力だと思いませんか?
実は、すごい集中力を持っているということなんですよね?

この集中力が、勉強の方に活かせればいいのにとどこの親でも思います。

ゲーム時間は、一応きめておいて
「もうすぐ1時間だね。どう?終わりそうかな?」
「よし、それじゃあ、今の戦いが終わったら今日は、終わりにしようか?」
と声をかけるのもいいでしょう。

でも、その戦いが負けて終わってしまったら、心残りであとを引きずる可能性もあります。
この際、気の済むところまでやらせてみませんか?

スッキリとした気持ちで自分からやめたとき
「おー!!ゲーム、終わったんだね。面白かった?」
と聞いてから
「宿題、いつやろうか?」
と聞くのもいいでしょう。

もし、勉強をやってほしいと思っているのなら、勉強を子どもが自ら始めたとき
「宿題、やっているんだね」
「難しそうな問題だね」
「すごく集中しているね」
と声をかけてあげると長い目で見たとき、必ず自分から勉強する子どもになっています。

ママが〇〇できるようになると、子どもが自分から勉強し始める

子どもにとって、ゲームはどんな存在なのでしょう?

頭からゲーム否定せず、なぜこの子はこんなに夢中になっているのだろう?
と視点を変えると新しい発見があります

私は、ゲームにもストーリーがあって感動する場面もあるということ
勉強にも役に立っているということ
やってみると、難しい(でも、子どもは上手に簡単にやってしまう)
などです

ゲームのルールは、子どもが決めること。親としての考えは話したとしても
最終的に決めるのは、子どもであるということ

朝から晩までゲームばかりやっている姿をみていたら、この子は大丈夫かと
不安と心配でいっぱいになります

でも、いつかは飽きます
そして、子どもはこのままでいいとは自分でも思ってなんかいないんです。

不登校の子どもこそ、自分と向き合い自分のことを考えている子どもはいません

ママは、子どもを信頼し「この子は、大丈夫。ちゃんと自立できる」とイメージ刷ることが大事なのです

子どもは、ちゃんと自分の考えを持っています
子どもを尊重し話しを聴き、決定権は子どもが持つ
(ほんと、ここがすごく大事で難しい)

ママが「勉強、勉強」と言わなくなると子どもは、自分から勉強を始めます
これ、本当にそうなんです。

子どもが落ち着いている時に、親子会議を開いて、いつどのタイミングで勉強するのか
決めたら、あとは黙って信じて見守る

ママが黙ることができると子どもは、ちゃんと勉強を始めますよ!

ぜひ、お試しを!
あっ、でも長い目でみてあげてくださいね。
(すぐ出来ないこともありますから)

守れないことが続いたら、また話し合って決め直せばいいのです。

ご案内

 
🌻SHINE講座~basic~
 12月5日(月)、19日(月)、1月10日(火)、23日(月)
  10時〜13時
 相模大野 ユニコムプラザさがみはら
 定員 4名(残3名)
 40000円
 
 
🌻 魔法の質問カードセッション

90分
 3000円
 ご希望の日程をお知らせください
★場所、日程はご相談ください
 
🌻 魔法の質問カード養成講座
 カードの使い手になりませんか?
     

12月6日、13日(両日火曜日)
 10時〜13時
 小田急線多摩センター(詳細は、お申込み後個別にお知らせいたします)
  29800円