ゲームだって役に立っているのかもしれない

子どもが夢中になっているものは、ありますか?
 
えっ?
 
ゲーム?
サッカー?
野球?
歌?
レゴ?
fa5678ec17eb38f5b144083749bdd5c0_s
 
子どもがサッカーや野球に夢中になっていたら
心から応援して、毎週のように送迎もしちゃう
 
 
なのに、ゲームとなると
親の敵のようになって、排除しようとしてしまう
 
 
ちなみに私は、そうでした
ゲームを取り上げるというところまでは、やりませんでしたが
ゲームなんてやっているから、学校にも行きたくなくなるんだ
そう思っていました
1459a1b17160d9a3e7bc9c19f8ad58da_s
 
でもね、違ってたんです
 
ゲームに集中しすぎるのは、問題だけど
内容によっては、歴史の勉強になったり、漢字や英語を覚えるきっかけに
なっていたりしていたんです
 
 
意外や意外で、心を育てるようなゲームもあったりするんです
 
長男は、ゲームを通し自分のやりたいことを見つけていきました
ゲームを作っている会社についても詳しいです
 
任天堂を作った人たちの考え方
ゲームを作るのに必要なこと
大変さ
 
ものすごく調べていて、詳しいです
 
ゲームを起点に音楽に興味を持ったり、テニスに興味を持ったり
そうそう、アニメを起点にテニス、将棋、バレーボール(かなり古いですが・・)などが
流行ったのと同じ感じです
 
 
だから、思ったんです
 
 
ゲームに夢中になってる
それを見て、頭ごなしにそんなのやってるからだめなんだと決めつけず
子どもがどんなゲームに夢中になっているのか
ちょっと、興味を持ってみませんか?
 
もしかしたら、そこから
自分の夢をみつけるきっかけがあるかもしれません
 
 
ゲームだけでなく、子どもが夢中になっているもの
買い物いくたびに同じシリーズものを買っているなと思ったら
それが、その子の将来に繋がっているのかもしれない
 
 
毎回、買い物いくたびに買うのは良くないんじゃないかと思うかもしれません
あくまで、私の考えですが、ひとつのことにこだわっていたとしたら
そこを応援してあげるのも良いんじゃないかなと思うんです
 
 
ゲームもいいところもあるとしても何時間もやるのは、良くない
そこは、話し合うところです
 
買い物のたびに買うというのも、それもそれぞれのお家の考え方があるので
話し合って決めるといいと思います
 
 
子どもが夢中になっているものは、なんだろう?
親としては、毛嫌いしていたけど、もしかしたら役に立つところもあるかもしれません
 
ちょっと、視点を変えてみてみませんか?