ゆとり教育で抜けていたもの

こんにちは、岡田孝子です。
 
先日、子ども教育デザイナーの下村健士さん(通称しーもん)の主催する
「右脳DE美脳」に娘と一緒に参加してきました。
お話ししてくださったのは、フィッシュマン岩元小裕紀さん。 
 
そこで、わかったことは
EQ=心を育て、深い人格、感情を育てる
を伸ばすには、子育て心理学講座やアドラー心理学の考え方と同じだということ
 
 
つまり、ココロ貯金を貯めていく、勇気づけをするということは
EQを伸ばすことにもなっているということ
 
 
昔は、EGではなくIQでしたよね。
IQは、知能指数のこと。
 
1995年頃からは、IQよりもEQの方に注目がいくようになりました。
 
ゆとり教育が始まった年が、1986年頃です。
この頃から、詰め込み教育の反省から、時間に余裕を与えました
(毎週土曜日が休みになったのもこの頃からだったような)
 
そして、いろいろな体験をさせる総合授業
 
国としては、子どもたちが自分から積極的に学んでくれるだろうという
狙いがあったようです。
 
 
小学校1年生の時から12年間高校3年生までの間、ゆとり教育を受けてきたのは
1995年生まれの人たちです。
(長男が1995年生まれです)
 
 
そう、ゆとり教育が始まった頃とIQよりEQが注目されるようになった年と
重なっています。
 
 
詰め込み型の教育では、心は育てられないと気づいたのでしょう。
 
国は、時間に余裕を持たせ、いろいろな体験をさせることで
心の教育ができるものだと考えたのでしょう。
 
 
でも、与えられる教育に慣れてしまっている子どもたち
根本的に押し付け方の教育で、上下関係が残ったままであったから
 
狙いであった、子どもたちが自主的に勉強をするようになるまでには
至らなかったのだと思います
 
 
それよりも何よりも大事なこと
・子どもたちの話しを聴く
・チャレンジの場を与える
・たくさん、触れる
・貢献感を感じること
 
といった子どもたちが自分から動く環境を作ることが大事だと思うのです
 
そして
心から「大好き」だよと伝えることだと思うのです
 
 
愛されていると感じている子は、強いです
愛されていると感じている子は、自分のことも大好きです
 
 
右脳も愛をたくさん感じると育つそうです
国のゆとり教育は、この部分が抜けていたから
失敗したのでしょうね。
 
 
************************************
 
EQも育つ、子育て心理学講座〜ココロ貯金べーシックコース〜
開催します!
 
 
<ココロ貯金〜ベーシックコース〜>
入門コースを受講していなくても受講出来ます
1回90分/全4回コース
第1回 ぶれない自信と自分軸を作る!ココロ貯金法則
第2回 子どものやる気と自信を引き出す!話の聴き方
第3回 子どものやる気を引き出す!子育てコーチング
第4回 イライラ・迷いを一気に解消!子育て基礎知識
受講料 38000円(税別)
 
 
【開催決定】
忙しい方必見!1日で学べるチャンスです!
ココロ貯金〜ベーシックコース〜
 
2016年8月29日(月)22日でしたが、変更しました
第1回 第2回 10時〜13時 
第3回 第4回 14時〜17時
 
小田急線相模大野駅 
 
(詳細は、お申し込み後お知らせいたします)