これは、親の性なんです!

こんにちは、岡田孝子です。
 
昨日は、ポケモンGOが配信されましたね〜
 
案の定、長男と次男はすぐダウンロードしてました
次男なんか夜10時ごろに近所の公園に行ってきて
フシギダネをゲットしてきたと喜んでおりました^_^;)
 
長男とも楽しそうに話してる
 
私、きょうだいで楽しそうに話してる姿をみるのが
1番幸せを感じるのです(*´ω`*)
 
旦那さんが健在だった時は、旦那と子どもたちがわちゃわちゃ
しているところを見ているのが好きだったな〜〜
 
 
で、ですね
久しぶりに長男に明るくグチグチと言ってしまったんです
 
こればかりは、やっぱり親の性ですな
 
「最近、どんなゲームにはまっているの?」
 
「RPGとか格闘ゲームとか、音楽ゲームとかいろいろ」
 
「まっ、やることやっていればいくらやってもいいけどね」
 
「そうなんだよ〜。わかってるんだけどさ。やめられなくなるんだよね」
 
「私は、あなたが無事大学卒業してくれればそれでいいよ」
「ねえ、どうすれば両立出来ると思う?」
 
「う〜ん、やっぱり環境だから周りからそういったものを排除する」
 
「そっか、じゃ私が協力出来ることはするから言ってね」
 
なんて会話を午前中にして、お昼食べるときにも
つい余計な一言を言ってしまいました
 
「お昼食べたら、勉強タイムだね」
 
「母ちゃんはさ、なんにも言わなくていいんだよ。心配してくれるのは
ありがたいんだけどさ」
 
「あー、ごめん。親の性でさ、心配になっちゃうんだよね」
 
「親の性だから、許して」
 
そうですよね〜
大学生にもなってる人に、なにが「勉強タイム」ですよね
 
なんだか恥ずかしくなってくるわ
 
これって、ほんと親の性ですよね
 
いくつになっても心配してしまう
 
だけど、21になる人に言うことではないです
 
長男だって、自分の課題はしっかり責任をもって引き受けられるのにね
 
 
 
 
いくつになっても親にとっては、子どもは子どもと
よく言います。
 
心配するのは、親の性です
 
心配してもいいけれど、子どもの人生は子どもの人生と
遠くから見守る強さを親は持たないといけないですね
 
私も何回も繰り返しながら、強くならさせてもらっています
 
 
子どものとの関わりあい方は、子育て心理学ココロ貯金でお話しさせてもらっています。
ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね。