「サクセスマッピング」でお互いの応援団になる!

「サクセスマッピング」でお互いの応援団になる!

こんにちは、夢を言語化するサクセスマッピングクリエイター
岡田孝子です
 
 
私が、サクセスマッピングを思いついたのは
長男の不登校がきっかけです
 
 
私は、どんな理由で不登校になったとしても
自分の未来に希望を持っていない子はいないと思っています
 
 
たとえ部屋にこもっていたとしても
ゲームやネットに逃げていたとしても
 
このままじゃいけない
今の生活から抜け出したいと思っていると思っています(思いたい)
 
 
実は、その想いをシャットダウンさせているのが
親なんだと思います
 
 
この子は、このままでは自立出来ないんじゃないか
1人では生きていけないんじゃないか
社会に出れないんじゃないか
 
その不安と心配とイライラから
ついいろいろ言ってしまう
 
または、腫れ物にでも触るかのように接する
 
食事も朝昼晩と用意してあげる
 
子どもが自分自身の力で生きていこうとする意思を
妨げているのです
 
 
良かれと思って言ったアドバイス(?)
逆ギレされ、ケンカになったことはないですか?
 
 
私は、よくありました
いろいろ提案しても全部、跳ね返されたことも
 
 
実は、これ
「ほっといてくれよ!俺は俺でちゃんと考えているんだから!」
というサインだったりするんです
 
 
なのに親は、それを手に負えなくなってきたと思ってしまう
 
 
不登校は、もっと複雑なこともあるかもしれません
 
でも、一つ言えることは
親自身が自分が満たされているか?
 
親が満たされ、意識が子どもから自分に向いた時
(子どものことを気にしなくなったとき)
 
子どもを信頼し、見守る事が出来るようになった時
 
子どもも自分の意思で動けるようになっていけるのです。
 
 
そこで、利用して欲しいのが
「サクセスマッピング」
なのです
 
 
まずは、お母さんが子どもから意識を自分の方に向けるために
「サクセスマッピング」で自分のやりたいことや夢をみつけて
ください
 
 
そして、次に子どもに話して下さい!
「お母さんね、◯年後にはこんなふうになってるの」
「お母さんのこれからの夢はね、・・・・・・・・」
 
親の夢を聞いた子どもは、そんな顔をしていると思いますか?
 
 
親が自分自身のために動きだしたら
次は、子どもの番です
 
子どもたちに
「サクセスマッピング」
自分の未来を具現化してもらう
 
そして、今やることを見つける
 
 
私の一つの夢は
たくさんの親子が、それぞれ個々を大切にしながら
お互いに尊敬・信頼し
 
お互いの応援団になることです
 
 
日本中の親子が、お互いの夢の応援団になってくれることです
 
 
サクセスマッピングがその役に立ってくれたら
最高に幸せです
 
 
サクセスマッピングは、不登校で悩む親子だけのものでは
ありません
 
・自分の未来をはっきりとさせたい方
・やりたいことを見つけたい方
・やりたいことを絞りたい方
にもおすすめです。
 
その「サクセスマッピング」の体験会があります!
ぜひ、ご参加ください!